コンテンツへスキップ

寄付金募集のお知らせ・奨励基金|生徒の理科研究所

♦論文出版奨励基金        ♦寄付金の払込み

♦生徒理科研究の振興に賛同される皆さんに寄付を呼びかけます。生徒の理科研究所は、生徒理科研究を支援するために「論文出版奨励基金」を設けました。この基金は、生徒理科研究のための特別な公的経費を得ていない学校あるいは教師・生徒の「論文出版料」の支援に用いられます。基金は特別会計として研究所の運営経費とは区別して管理されます。会計報告は毎年、生徒の理科研究所のホームページに公開されます。公的研究経費の代表的なものを下に示しました。
♦寄付金の払込みは銀行振込によりお願いします。下の「寄付金の払込」を押すと専用のページに移動します。
寄付金の払込み

*代表的な公的研究経費

科学研究費補助金(奨励研究)(日本学術振興会)
スーパーサイエンスハイスクール(文部科学省、科学技術振興機構)
中高生の科学研究実践活動推進プログラム(科学技術振興機構)
中高生の科学部活動振興プログラム(科学技術振興機構)
ジュニアドクター育成塾(科学技術振興機構)
グローバルサイエンスキャンパス(科学技術振興機構)

論文出版奨励基金

♦「生徒の理科」に論文を掲載・出版しようとする著者は論文出版料を支払う必要があります。「生徒の理科」では出版経費が読者から徴収する購読料あるいは学会費ではなく、論文著者の支払う論文掲載料からまかなわれるからです。その結果、「生徒の理科」はだれでも自由に無料で読むことができる論文誌となっています。このような論文誌はわが国ではあまり見かけません。しかし、生徒の理科研究所はあえてこの方法を選びました。生徒理科研究の普及と発展にはこちらの方が効果的だと考えたからです。
♦「生徒の理科」の論文出版料は、「書き直し投稿」原稿について以下の式で求められる額です。
論文出版料=本文の総文字数 x 3円 + 40000円。
この額は、生徒の理科研究に力を入れている学校やそのための公的経費を取得している学校あるいは教師・生徒にとっては負担可能な額です。しかし、公的経費を取得していない学校あるいは教師・生徒の場合は、不可能ではなくても安い額ではないと思われます。
♦そこで、生徒の理科研究所は、公的経費を取得していない学校の著者(教師・生徒)の出版料を援助するためのしくみとして、「論文出版奨励基金」を設け、ひろく寄付金を募ることにしました。各著者に対する援助額は、前年度の出版論文数と寄付金の状況を見て各年度毎に年度当初に決め、基金がある限り先着順で援助します。2017・2018・2019年度は寄付金がなかったので援助はありません。
♦なお、生徒の理科研究所は、公的経費を取得していない学校あるいは教師・生徒に対して、2019年度は論文出版料を50%だけ特別割引し、生徒理科研究の論文出版を支援します。特別割引の申請方法等については「論文投稿」のページをご覧ください。