コンテンツへスキップ

「生徒の理科」とは | 保存用コピー

生徒の理科最新の論文既刊論文論文投稿論文査読よくある質問

 ♦ 「生徒の理科」とは   論文の投稿から出版までの手順
  査読段階(論文投稿から受理まで)   出版段階(論文受理から出版まで)
 研究成果を論文として出版することの意義
査読有り論文誌への出版をめざす生徒理科研究の展望

journaltop3

我が国では毎年、高校・中学生徒の理科研究発表会が数多く開催され、多くの研究が発表されています。しかし、残念なことにその研究のほとんどは査読有り論文誌に出版されることがありません。この原因の一つは出版するための場が準備されていないことだと考えました。そこでわたしたちは生徒の理科研究論文を出版するための論文誌「生徒の理科」を発行することにしました。この論文誌は査読有り論文誌なので、専門分野の研究者・教育者による査読を経た論文だけが掲載されます。その結果、生徒は査読者とのやりとりを経ることにより科学的な論理性と信頼性、叙述の明解性を高めたうえで論文を出版することができます。また、この論文誌は自由閲覧電子論文誌として発行されるため、だれでも無料で許可なく自由に読むことができます。その結果、生徒は他者の論文を読むことを通じて理科研究への興味を発展させたり、研究のしかたや論文の書き方を学んだりすることができます。「生徒の理科」は論文出版をめざす生徒理科研究の発展に大きく貢献するに違いありません。理科研究にとりくむ高校・中学生徒やその指導者のみなさんがこの論文誌を活用して、みずからの研究を一層発展させられることを期待します。また、生徒の理科研究の振興に取り組んでおられるみなさんやこれに賛同されるみなさんには、この取り組みへのご理解とご協力をお願いします。

「生徒の理科」とは

①「生徒の理科」は、高校・中学生徒のおこなう理科研究の成果を原著論文として出版するための査読有り自由閲覧電子論文誌です。
②対象とする研究分野は、高校理科系科目のすべての領域、すなわち、生物、化学、物理、地学、数学、農業、生活、工業を含みます。当面は、編集者・査読者の関係で、生物、物理、数学、農業とします。
③この論文誌では、理科研究を行っている生徒とその指導者である学校教師あるいは塾講師等が共同著者として論文を発表します。また、教師(塾講師)は責任著者となり著者全体を代表します。
④この論文誌では、関係分野の研究者・教育者の査読により出版可と判定された論文だけが掲載・公表されます。投稿された論文は別に定める基準により査読者により評価されるとともに、しばしば書き直しや、追加データ、追加実験が求められます。この査読により、論文は出版価値のあるレベルにまで質を高めたうえで出版されます。
⑤査読における出版の可否の判定基準は、1.論文に「日本語で行われる高校・中学・小学の理科教育とこれまでの生徒理科研究を超える新規性」があること、2.科学論文として成り立っていることの2点です。これらの基準を満たしておれば、原則として生徒理科研究論文として出版可能と考えます。
⑥この論文誌は、自由閲覧電子論文誌として出版されます。すなわち、「生徒の理科研究所」のホームページに電子書籍として出版・公表され、記録されます。また、ホームページに掲載された論文はだれでも許可なく無料で読むことができ、ダウンロードすることができます。
⑦論文の社会的な公表・保存を保証するために、すべての掲載論文にはDOI(デジタルオブジェクト識別子)を付与・登録し、国際的に特定可能な文献とします。掲載論文ページを世界的にホームページ情報を収集・保存しているWayback Machine に登録・保存します。また、「生徒の理科」誌にはISSN(国際標準逐次刊行物番号)を付与し、国会図書館に電子論文誌として納入登録する予定です。
⑧この論文誌の出版にかかる経費は、論文の著者(学校あるいは生徒と指導教員等)がその研究経費等から出版料として支払います。ただし、著者の所属する学校あるいは著者(指導教員・生徒)が公的機関から研究経費の配分を受けていない場合には、2017年度は出版料を30%だけ特別割引します。長期的には、生徒の理科研究所がよびかけて設立する論文出版奨励基金から出版料の一部を援助する計画です。

論文の投稿から出版までの手順

論文の投稿から出版までの手順は2段階からなり、査読段階と出版段階からなります。

査読段階(論文投稿から受理まで)

①著者は「論文投稿」ページの「論文作成の基本事項」と「論文原稿作成法」の指示にしたがい、論文を書きます。
②仕上がった論文は、「論文の投稿方法」に従い、責任著者がメールで「生徒の理科」編集部に投稿します。編集部からは受け取りのメールをお送りします。
③投稿された論文は、関係分野の編集委員1名と査読委員2名(または1名)により、一定の基準に基づいて「査読」されます。この時、査読委員は論文受理の可否の評価だけでなく、科学論文として出版するための指摘・助言を行います。編集委員と編集部は査読委員の評価と指摘・助言を参考に、論文の受理、書き直し受理、書き直し再査読、出版不可の判断を行います。この査読結果は査読委員の評価と指摘・助言とともに著者にメールで通知されます。
④前回の投稿で査読結果が「書き直し再査読」であった場合、著者は必要な追加実験、書き直し等を行い、査読委員の指摘・助言事項のすべてに対する回答を記した文書とともに、論文を再投稿します。
⑤前回の投稿で査読結果が「書き直し再査読」であった論文の再投稿論文は、指摘・助言事項に対する回答文書とともに関係する編集委員と査読委員により再査読されます。編集委員と編集部は査読委員の評価と指摘・助言を参考に、論文の受理、書き直し受理、書き直し再査読、出版不可の判断を行います。この査読結果は査読委員の評価と指摘・助言とともに著者にメールで通知されます。

出版段階(論文受理から出版まで)

⑥前回の投稿で審査結果が「書き直し受理」であった場合、著者は論文を書き直し、査読委員の指摘・助言事項のすべてに対する回答を記した文書とともに、論文を「書き直し投稿」します。
⑦前回の投稿で査読結果が「受理」であった場合は、論文内容を再度チェックし、変更箇所を記した文書とともに、論文を「書き直し投稿」します。
⑧編集部は、書き直し投稿論文を受け取ると、その本文の総字数にもとづき、「論文出版料」の請求書を著者に送ります。著者は「論文出版料」を払い込みます。
⑨前回の投稿で査読結果が「書き直し受理」あるいは「受理」であった論文の書き直し投稿論文は、「指摘・助言事項に対する回答文書」あるいは「変更箇所を記した文書」とともに関係する編集委員により最終確認されます。つづいて編集委員と編集部により科学論文として適切な文章にするための校閲・書き直しが行われます。編集部は論文出版料の入金を確認後、この校閲済み原稿を著者に送り返します。
⑩著者は校閲済み原稿を確認し、必要部分を書き直して最終投稿します。
⑪最終投稿された論文は編集部で出版論文の形に版組され、ゲラ刷りがメールで著者に送られます。
⑫著者はゲラ刷りを校正し、校正原稿を編集部に送ります。
⑬編集部は校正原稿に従いゲラを修正し、直ちにweb上に論文を掲載します。同時に、著者に出版論文の電子ファイルを送ります。
⑭著者はweb上に掲載された論文を確認します。
⑮編集部は掲載論文にDOI(デジタルオブジェクト識別子)を付与・登録します。

研究成果を論文として出版することの意義

♦科学研究の結果は、たとえそれがどんなに権威ある科学者によるものであっても、研究成果として発表されればただちに真理として確定するものではありません。あらゆる研究結果は社会的に公表され、多くの科学者の検証・評価を経てはじめてその信頼性や意義が確立されます。論文の出版はこの過程をすすめるための最も一般的で重要な手段です。この論文出版の意義を考慮すると、たとえ高校・中学生徒がおこなうものであっても、科学研究は最終的には論文として出版し社会的に公表することをめざして行われるべきものだと考えます。
♦研究成果を論文として出版することの意義の第一は、投稿から出版にいたる過程で研究をより深くかつ信頼性のあるものにすることができることです。論文を出版するには、まず研究成果を論文として文章にまとめます。この過程で、著者は自らの考えを明確で理路整然としたものにしなければなりません。次に、投稿された論文は同じ専門分野の研究者により査読されます。この査読により、客観的な他者の視点から論文の正確性、論理の科学性、叙述の明解性が評価され、書き直しが求められます。さらに、必要なら追加データや追加実験が求められます。これにより論文はその質を出版価値のあるレベルにまで高めた上で出版されます。生徒は、この査読-書き直し過程を通じて理科研究の進め方、結果の科学的な解釈のしかた、論文の書き方などを学ぶことができます。
♦研究成果を論文として出版することのもう一つの意義は、研究成果は論文によりはじめて社会的に正式に公表され、文書記録として保存されるということです。論文出版により、研究発表会に出られない人を含む多くの人々に研究成果を知らせ、検証・評価・利用してもらうことができます。また逆に、出版された論文を通じて多くの人々の研究成果を知り、検証・評価・利用することが可能になります。すなわち、論文出版を通じて、時間的・地理的な距離や、研究環境、社会的立場の違いの制約をこえて多くの人々と交流し、科学を推し進める人々の活動の輪に加わることができます。こうして、生徒は論文を通じた他者との科学的コミュニケーションのしかたを学ぶことができます。また、出版論文が活動の成果を示す証拠(業績)となることも生徒と指導教師にとっては重要です。

査読有り論文誌への出版をめざす生徒理科研究の展望

♦我が国では毎年、高校・中学生徒の理科研究発表会が数多く開催され、多くの研究が発表されています。これは、研究活動に取り組む生徒はもちろん、関係する学校教師、多くの理科教育支援団体、文部科学省・科学技術振興機構等関係機関の活動の成果です。しかし、残念なことにその研究成果の多くは査読有り論文誌に出版されることはありません。高校・中学生徒では査読有り論文誌に出版できるレベルの研究は不可能なのでしょうか。私たちは環境をととのえ適切な指導・援助を行うなら、高校・中学生徒であっても査読有り論文誌に出版し、社会的に公表する価値のある研究が可能であると考えます。
♦査読有り論文誌への出版により、研究発表会や論文コンクールだけでは伸ばすことのできない研究能力を育成することができます。研究の本質的要素である「新規性」への理解や、創造性の源泉となる「徹底して考え抜く力」の育成は、論文出版によってこそ可能となります。また、科学に内在する高い批判的精神や、それにより担保される科学の客観性・厳密性・信頼性への理解も論文出版によりはじめて可能となります。したがって、生徒理科研究の発展には、研究発表会や論文コンクールを目指す研究から、査読有り論文誌への出版をめざす研究への進化・発展が必要だと考えます。
♦論文出版をめざす理科研究の実現には生徒の理科研究論文を出版するための査読有り論文誌が必要です。しかし、残念ながら我が国にはそのような論文誌は存在しません。そこで生徒の理科研究所は我が国初の生徒理科研究のための論文誌「生徒の理科」を発行することにしました。この論文誌は査読有り論文誌なので、専門分野の研究者・教育者による査読を経た論文だけが掲載されます。その結果、生徒は査読者とのやりとりを通じて科学的な論理性と信頼性、叙述の明解性を高めたうえで論文を出版することができます。また、この論文誌は自由閲覧電子論文誌として発行されるため、だれでも無料で許可なく自由に読むことができます。その結果、生徒は他者の論文を読むことを通じて理科研究への興味を発展させたり、研究のしかたや論文の書き方を学んだりすることができます。
♦「生徒の理科」は、生徒理科研究のための論文誌であるという特殊性を踏まえ、査読における出版の可否の評価基準に一定の工夫が必要です。その第一は、研究論文に必要とされる「新規性」のレベルです。大学以上の一般の研究では全世界的、全歴史的レベルの「新規性」が暗黙の前提です。しかし、「生徒の理科」では最低限必要とされる新規性のレベルを「日本語で行われる高校・中学・小学の理科教育とこれまでの生徒理科研究を超える新規性」としました。もう一つは、論文出版の可否の判断で考慮される新規性・重要性の程度の評価です。検討の結果、PLOS ONE(公共科学図書館)に学び、科学論文として成立しているか否かを基準とし、新規性・重要性の程度では差別しないことにしました。もちろん、たとえ生徒の研究論文であっても研究論文である以上、新規性・重要性は不可欠です。しかし、その程度の評価は著者と読者にゆだねるという立場です。さらに、「生徒の理科」に掲載される論文は社会的に正式に公表・記録されること、および、論文出版にまでいたるには研究指導者の役割が非常に重要になることをふまえて、研究指導者である学校教師(塾講師)は共同著者および責任著者になり、著者の代表としての役割を果たすとしました。
♦しかし、研究発表会や論文コンクールを目指す研究から、査読有り論文誌への出版をめざす研究への進化・発展の実現はそれほど容易ではありません。学校教師(あるいは塾講師)の取り組みを支援するしくみが必要です。そこで、生徒の理科研究所は「出前ゼミ」事業を計画中です。これは大学生の研究指導に豊富な経験を持つ元(および現)大学教員を研究アドバイザーとして生徒理科研究に取り組む学校(塾)に紹介・斡旋する事業です。研究アドバイザーは学校(塾)に出かけて理科研究の助言を行います。助言は、テーマの設定から研究の実施、研究成果の発表、論文作成までどんな段階でも、必要に応じて求めることが出来ます。
♦最後に、受験界では久しく理科は暗記科目あるいは数学の応用問題であるといわれて来ました。たしかに、受験の理科に学問としての魅力を感じる生徒は少ないのかもしれません。しかし、もし身近なところに熱心に理科研究に取り組む教師と生徒グループがおり、彼らが研究のおもしろさや論文出版の喜びを語ることがあるなら、そして、その気で取り組めば生徒でも論文出版できることを知らせるなら事態は大きく変わるかもしれません。大学進学後の科学研究に対する期待感も大きく育つことでしょう。この変化は理科教育の発展に大きく貢献するものと考えます。