コンテンツへスキップ

webゼミ | 生徒の理科研究所

♦「webゼミ」の基本事項  ♦「webゼミ」のメリット・デメリット

「webゼミ」では、研究アドバイザーがテレビ会議システムを用いて生徒理科研究の助言ゼミを行います。研究アドバイザーは、生徒理科研究の支援に意欲のある元(あるいは現)大学教員です。一方、「出前ゼミ」では研究アドバイザーが直接高校(塾)等に出向き、生徒理科研究の助言ゼミ・ワークショップ・講演を行います。

「webゼミ」の基本事項

①「webゼミ」は、生徒の理科研究所の紹介する研究アドバイザーが、インターネットを介したテレビ会議システムをもちいて、生徒と教師に対し生徒理科研究について助言・支援を行うサービスです。
②「研究アドバイザー」は豊富な学生研究指導経験のある元(あるいは現)大学教員・研究者で、生徒の理科研究所の「研究アドバイザーズ」登録を行った人です。
③「webゼミ」では、1~10人程度の少人数の生徒と教師に対し、テレビ会議システムを用いて、ゼミ形式による助言・支援を行います。個々の研究について、研究計画の作成、研究の実施、データの統計処理、結果のまとめと論文作成・ポスター作成まで、生徒理科研究のさまざまな段階における助言・援助を、希望に応じた内容で行います。
④「webゼミ」終了後、2週間の間は、ゼミ内容に関係する事項について、担当研究アドバイザーにメールで質問したり、助言を求めたりすることができます。
⑤「webゼミ」で研究アドバイザーが生徒を直接助言・支援する場合、研究アドバイザーは教師に代わって生徒を指導するのではなく、教師の指導を補助・支援するという立場でとりくみます。生徒の研究指導者はあくまで教師です。
⑥「webゼミ」の実際の内容は、申込者の希望内容に応じて当研究所が紹介する研究アドバイザーとの事前調整により決定します。
⑦「webゼミ」は有料です。料金は、研究助言・講演料と仲介手数料からなります。研究助言・講演料は研究アドバイザーが受け取る謝金です。仲介手数料は研究所が受け取る手数料です。

「webゼミ」のメリット・デメリット

♦研究助言・支援は研究アドバイザーと、生徒・教師が直接対面しながらおこなう(「出前ゼミ」)のがもっとも効果的です。対面により、言葉以外の諸情報により、より正確で円滑なコミュニケーションが可能となったり、雑談や教室(実験室)見学などを通じた相互交流により、より適切な助言ができたり、研究助言以外の教育効果があったりするからです。一方、直接対面によらない場合、コミュニケーションの齟齬により思わぬ誤解が生じることもあります。
♦しかし、研究アドバイザーが直接学校(塾)等へ出かけるには、多くの費用(旅費)と時間がかかります。十分な研究経費を持たない学校(塾)や、地方の学校、遠隔地に住む研究アドバイザー、多忙な研究アドバイザーには、「出前ゼミ」は利用・実施の困難なサービスかもしれません。より安価で、効率的な方法が求められます。
♦「webゼミ」はこのニーズにこたえるために準備しました。「webゼミ」は、インターネットがつながるところなら日本のどこからでも可能です。生徒・教師等にとっては研究アドバイザーの旅費料金がかかりません。研究アドバイザーにとっては旅行時間が節約できます。したがって、コミュニケーション上の限界を理解しつつ適切な準備の下に行えば、有効利用できるのではないかと考えます。また、初回は「出前ゼミ」で行い、次回からは「webゼミ」により行うなど、両者を適切に組み合わせて行うことも可能です。

「webゼミ」の問合わせ・見積もり依頼方法

webゼミ問合わせ・見積もり依頼票」をお送りください。ご希望の助言内容や日程をできるだけ具体的にお知らせください。お送りいただいたご希望にもとづき適切な研究アドバイザーを紹介します。このときの申込者が当研究所との調整連絡や料金支払いなど、必要な実務の窓口責任者となります。

「webゼミ」の実施方法および実施時期

当研究所の仲介で、申込者とご紹介した研究アドバイザーとの間で助言内容・日程等を調整します。その後、合意した内容に基づき、「webゼミ申込書・見積書」を申込者にお送りしますので、必要事項を記入し、当研究所にご返送ください。申込みを確認しだい、まず、研究所と申し込み学校等との間で通信試験を行い、テレビ会議システムが動く体制を整えます。その後、合意に基づき研究アドバイザーがwebゼミを実施します。

「webゼミ」の料金

料金は「研究助言料」と「仲介手数料」からなります。
①研究助言料は1.5時間以内5000円、半日(4時間以内)10000円、1日(8時間以内)20000円です。
②仲介手数料は研究助言料の20%の額です。
♦なお、学校等ですでに謝金規定などがありそれにより実施する場合は、まえもって個別に生徒の理科研究所にご相談ください。

「研究助言料」と「仲介手数料」の特別割引

生徒の理科研究所と研究アドバイザーは、公的研究教育経費を取得していない学校あるいは教師・生徒に対して、2017年度は研究助言料と手数料を30%だけ特別割引し、生徒理科研究を支援します。所属学校あるいは該当教師または生徒が公的研究教育経費を得ている場合は割引はありません。
代表的な公的研究経費は以下のとおりです。
科学研究費補助金(奨励研究)(日本学術振興会)
スーパーサイエンスハイスクール(文部科学省、科学技術振興機構)
中高生の科学研究実践活動推進プログラム(科学技術振興機構)
中高生の科学部活動振興プログラム(科学技術振興機構)
ジュニアドクター育成塾(科学技術振興機構)
グローバルサイエンスキャンパス(科学技術振興機構)

代金の支払い時期と方法

代金は後払いです。webゼミを実施するたびに、実施後1週間以内に、当研究所より代金と振込先(ゆうちょ銀行口座)を記した請求書をメールでお送りしますので、郵便振替または銀行振込でご送金ください。



webゼミ問合わせ・見積もり依頼票

このページ最下段の特定商取引に関する法律に基づく表記(webゼミ)の内容を確認の上、以下のフォームに記入してお送りください。「出前ゼミ問合せ・見積もり依頼受け取りメール」を返信でお送りします。なお、個人情報は当研究所の「個人情報の取り扱いについて」にもとづき厳正に取り扱いますのでご安心ください。
[contact-form-7 404 "Not Found"]

準備中